TOP
  • 出版物一覧
  • 書籍
  • 雑誌・ムック
  • その他

書籍安政五年、江戸パンデミック。~江戸っ子流コロナ撃退法~

発売日
2020/08/28
定価
1,540円
(本体価格 1,400円+税)
ISBN
9784789736930

商品情報

ニューノーマルな時代を生きる現代人に
江戸っ子が智恵と勇気を与えてくれる!

吉原オーバーシュート、長屋クラスター、コレラ感染者30万人。
それでも、江戸っ子は、コレラをコロリと笑い飛ばした。
落語に登場するあの江戸っ子たちが、withコロナな時代を粋にサバイブする術を教えてくれる。
読後、勇気が湧いてくる稀代の歴史書です。

※表紙デザインは変更になる場合があります。

本書の内容:
<目次から一部抜粋>
第一章 「コレラ」を「コロリ」と言い換える江戸っ子のユーモア
・「安政年間」は「安倍政権年間」ではないか
・科学は進歩してもいつの時代もデマに翻弄される日本人
・コレラが増幅した江戸っ子のバランス力、調和力 

第二章 「パンデミック」でも、なぜ江戸っ子は元気なのか
・長屋暮らしが、そもそもの「三密」だった!
・頻発した火事に作られた「江戸っ子のキャラクター」
・転換期には、苦肉の策から革命児が生まれる

第三章 「江戸」と「令和」に共通する、社会システムから考える
・気が短いフリーターが経済を回した「江戸の町」
・「講」は、みんなの夢を託す「クラウドファンディング」
・ウーバーイーツは現代の「棒手振り」⁉

第四章 こんなに楽しかった「江戸庶民の遊び」
・吉原は「会いに行けるアイドル」の街だった⁉
・江戸っ子は祭りが大好き!武士も庶民も「一体感」
・浮世絵は、なぜ「浮世」なのか~江戸のグラビア・ブロマイド

第五章 古典落語に登場する、心が折れない面々
・「笠碁」と「ソーシャルディスタンス」~まず相手を思う
・「百年目」と「パワハラ」~許容を学ぼう
・「千両みかん」と「アベノマスク」~モノの値打ちは希少性
他。

著者略歴:
立川 談慶(たてかわ だんけい)
1965年、長野県上田市(旧丸子町)生まれ。落語家。
慶應義塾大学経済学部を卒業後、株式会社ワコールに入社。3年間のサラリーマン体験を経て、1991年に立川談志18番目の弟子として入門。前座名は「立川ワコール」。2000年に二ツ目昇進を機に、立川談志師匠に「立川談慶」と命名される。近著に『ビジネスエリートがなぜか身につけている 教養としての落語』(サンマーク出版)などがある。